2018年FNS27時間テレビ今年は生放送?テーマはお笑い?

Pocket
LINEで送る

こんにちは、ぼーるんです。

突然ですが、FNS27時間テレビって今年もやるの?「めちゃ×2イケてるッ!」や「とんねるずのみなさんのおかげでした」など、長寿番組が次々と終わったなか、どうなるんだろうと思っていましたが・・・

2018年もやるそうです!

今年で32年目です。れっきとした長寿番組ですね。
今年はどのような27時間テレビになるのでしょう?

はじまりは?

・フジテレビ開局30周年を記念して企画された特別番組

・FNSの日と銘打って、フジネットワーク地方局の製作力向上と地方局同士の交流が目的

・日本テレビ24時間テレビに対抗して、チャリティーなしでお笑いをする。

放送日程について

2018年は、9月8日(土)~9日(日)に放送が決定しました。

2017年はほとんどが収録になったということもあり、初めての9月放送になりました。
2016年までは7月の第3or4土曜日18:30~日曜日21:30でしたが、2018年も9月となると今後の放送はこのまま9月に固定しそうですね。

テーマは?

明石家さんまさんが、先日5月5日放送の「さんまのお笑い向上委員会(毎週土曜日23:10~23:40)」で「27時間(テレビ)、ほぼ決まりみたいやから。

(去年の歴史テーマについて)あれはもうダメ、ダメ。もう大失敗。」と言っていたので今年のテーマは「お笑い」に戻って生放送になるかも!?と思いきや・・・

2018年のテーマは、“にほん人は何を食べてきたのか?”です。

お笑いに戻りませんでしたが、ビートたけしさんは「半分はためになるやつをやらないとね。もちろんニセモノ、インチキもあるよ!そこは完全に”笑い”だけどね(笑)」とコメントされていました。半分は真剣に、そして半分はお笑いで(もちろんこちらも真剣勝負です)という感じでしょうか?楽しみです!

司会は?

2018年の総合司会は、ビートたけしさん決定しました!

村上信五さん(関ジャニ∞)がキャプテンを務めます。2017年に引き続き、ビートたけしさんと村上信五さんの最強コンビで熱く面白い27時間テレビになりそうです。

そして、昼の情報番組「バイキング(月~金11:55~13:45)」でフジテレビの顔となり、視聴率も安定している坂上忍さんや、「さんまのお笑い向上委員会(土23:10~23:40)」のオファーの際に「フジテレビっぽさを、出来るんなら引き受けますよ。」と語った明石家さんまさんなど、フジテレビとゆかりのある方たちも出演されると思うので、今年の27時間テレビも期待できそうです!

歴代の司会者と視聴率(参考)

1987年 タモリ、明石家さんま(19.9%)
1988年 タモリ、笑福亭鶴瓶(14.0%)
1989年 タモリ、明石家さんま(14.7%)
1990年 須田哲夫アナ、河野恵子アナ(11.7%)

1991年 桂三枝、八木亜希子アナ、有賀さつきアナ(11.7%)
1992年 ビートたけし、逸見政孝(19.0%)
1993年 ビートたけし、逸見政孝(17.9%)
1994年 ビートたけし(13.8%)
1995年 ビートたけし(15.1%)
1996年 ビートたけし(14.4%)
1997年 ダウンタウン(11.6%)
1998年 中居正広(12.1%)
1999年 中居正広(13.3%)
2000年 中居正広(13.9%)

2001年 MCリレー方式(11.4%)
2002年 みのもんた(11.6%)
2003年 みのもんた(10.3%)
2004年 ナインティナイン、中居正広(16.9%)
2005年 笑福亭鶴瓶(13.0%)
2006年 中居正広(12.6%)
2007年 香取慎吾(12.4%)
2008年 明石家さんま(13.8%)
2009年 島田紳助(13.8%)
2010年 島田紳助(12.6%)

2011年 ナインティナイン、中居正広(14.0%)
2012年 タモリ(14.1%)
2013年 女芸人イレブン(9.8%)
2014年 SMAP(13.1%)
2015年 ナインティナイン、中居正広(10.4%)
2016年 MCリレー方式(7.7%)
2017年 ビートたけし(8.5%)

まとめ

今年のテーマは、ビートたけしさんの「人に焦点をあてる」という言葉からヒントを得たそうです。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えた今、「食」からひもとく日本人の暮らしや文化について日本人みずからが考えるいい機会になるのではないでしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク