【らくらくメルカリ便】セブンイレブンのやり方!時間指定と取扱店舗も!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、ぼーるんです。

私たちの生活にすっかり浸透したフリーマーケット。
そのなかでも、フリーマーケットアプリ「メルカリ」のすごさはとまりません。
現在の月間利用者は1,000万人に達し、6月には東証マザーズに上場しました。
配送サービスは2018年5月7日からセブンイレブン店舗でも利用できるようになりました。

【らくらくメルカリ便】とは

メルカリとヤマト運輸が連携して開始した配送サービスです。(2015年4月~)

・配送にかかる手間を大幅に解消できる。
・個人情報を開示しなくても、安心して匿名配送できる

取扱店舗

・ヤマトの営業所(2015年4月~)
・ファミリーマート 全国約15,000店(2016年3月~)
・セブンイレブン 全国約20,000店(2018年5月~)

※店舗持ち込み以外に、集荷もありますが、集荷の場合は取引ごとに集荷料30円(税込み)が別途必要になったり、A4サイズの荷物専用「ネコポス」を使用できないなどの違いがあります。

配送料金 全国均一の低料金(最大で69%オフ)

・発送先が日本のどこであっても、全国一律の料金で配送できる(大きさや重さの違いのみで地域差がない)ので、出品時の価格を決めやすい。

・ヤマトの提供するサービスを使って配送できる。(大きさや重さによって
「ネコポス・宅急便コンパクト・宅急便」をヤマトが使い分けてくれる。)

・メルカリが料金の一部を負担するので、ヤマトの通常送料より安く配送できる。(最大69%)

発送と配達希望日・時間指定のやり方

セブンイレブン、ファミリーマート、ヤマトの営業所それぞれで、少しずつですが発送のやり方が違うので説明していきます。

配達希望日と時間については、普通の宅急便と同じように指定できます。セブンイレブンでもファミリーマートでもヤマトの営業所でも同じように指定できます。
ただし、A4サイズの荷物専用の「ネコポス」は対応していません。

希望時間帯は次の中から選択できます。

午前中
12時~14時
14時~16時
16時~18時
18時~20時
20時~21時

セブンイレブンの場合

店頭のマルチメディア端末での操作はありません。

「メルカリ」上で取得したバーコードと出品物をレジへ持っていき、その際に店員さんに希望日と指定時間を伝えたら、それをレジで入力して伝票を作成してくれます。→完了

セブンイレブンだと時間指定も口頭で伝えるだけなので簡単です。

ファミリーマートの場合

Famiポートで次のように操作していきます。

「配送サービス」→「らくらくメルカリ便の発送はこちら」→「メルカリ」上で取得した二次元コードを読み込ませる→内容確認画面が出てくる→希望の日時指定するときは、この内容確認画面右下にある「お届け希望日時の選択・変更はこちら」をタッチする→希望日時の入力が終わったら内容を確認する→「OK」→申込券が出てくる→出品物と申込券をレジへ持っていく。

ヤマトの営業所の場合

コピットで次のように操作していきます。

「提携フリマサイト」→「二次元コードをお持ちの方」→持ってきた二次元コードを読み込ませる→内容を確認して→「次へ」→お届け希望日と時間帯を選択する→内容を確認して印刷→印刷された送り状を確認して→「終了する」→出品物と一緒に窓口に出す。

名前や住所を開示しなくてもOK(匿名配送)

メルカリとヤマトが住所等のデータを連携することで、送り状に出品者と購入者のお互い
の情報を記載しなくても荷物を送ることができます。

個人情報保護からみても安心で安全なので、個人情報の管理を気にされる方でも、
メルカリを試してみようと思われるのではないでしょうか?

匿名配送は、出品者が配送方法に「メルカリ便を設定」している商品が対象なので、購入
するときは確認してみてください。

まとめ

セブンイレブンでは、大きい出品物をレジにそのまま持っていけたり、マルチメディア端末での入力もなくなったことで、ますますメルカリが身近になりそうです。

自分の持っていた物が、どこかで誰かの役に立つかもしれません。
これをきっかけに一度試してみてもいいかもしれませんね。

メルカリ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク