台風25号2018進路予想 北海道の暴風域の時間帯とアレルギーについても

Pocket
LINEで送る

                           引用元:防災知識.com

先日、台風24号が日本列島を直撃しさまざまな被害をもたらしました。そして引き続き大型の台風25号が発生し、暴風域を伴ったまま北海道に接近する見込みだそうです。北海道に最接近するのはいつ頃なのか?進路予想とともに調べてみました。

※10月7日(日)9時に更新しました。

台風25号は今どこに?

台風25号は、7日(日)午前3時に日本海で温帯低気圧に変わりました。ただ、このあとも温帯低気圧の進路にあたる北日本では、引き続き、暴風や高波に警戒が必要です。

6日(土)9時には、長崎県、佐賀県、福岡県が暴風域に入っています。長崎県内では、30m/sを超える風が観測されています。
9時50分には、韓国の南部に上陸しました。

台風25号 荒天と暑さをもたらす

引用元:tenki.jp 10月6日(金)8:39発表

このあと7日(日)朝までに温帯低気圧へと変わり、北日本を横断する予想です。温帯低気圧となったとしても、中心付近では強い風が続くため注意が必要とのことです。

車を運転する方は、高速道路や橋の上では、特に横風に流される感覚が強くなりますので気を付けて下さい。

最近は地球温暖化のために、勢力を落とさないで日本に上陸する台風が増えているので警戒をした方がいいかもしれません。先日の台風24号も、暴風で何か物が飛んで来るんじゃないかと思い、家の中にいても窓を開けて外を見るのも怖かったです。

いつ北海道に最接近するのか?

7日(日)は午前中をピークに東北北部や北海道などで風と雨が強まる見込みです。

北海道では、地震の影響でもろくなっている崖などがあるため、雨が激しく降らなかったとしても土砂災害に注意してください。

■特に接近が予想される地域の「暴風域に入る確率」

2018年10月6日(土)現在、北海道全域の「暴風域に入る確率」は発表されていません。

気象庁が定めている「暴風域」とは、「台風の周辺で、平均風速が25m/s以上の風が吹いているか」ということです。発表されていないということは、進路も少し変わり北海道にくるころには風は25m/s以上にならないということでしょう。

(参考)現在「暴風域に入る確率」が発表されている地域

2018年10月06日9時

引用元:気象庁

大型台風21号・25号と比べてみると

先日日本に上陸した台風21号と24号と比べると勢力は少し弱いですが、大型で強い台風には変わりありません。表にしてまとめるとこのようになります。

9月4日上陸 9月30日上陸
台風21号 台風24号 台風25号
気圧 950hPa 950hPa 965hPa
勢力 非常に強い 大型で
非常に強い
大型で
強い
最大風速 45m/s 45m/s 35m/s
最大
瞬間風速
60m/s 60m/s 50m/s

強風のためアレルギーにも注意が必要!

日本に上陸しないまま北海道にくる=台風のまま(温帯低気圧にならない)なので、強風が広範囲で長時間続く予想です。強風によって前回の台風24号は、海の海水を巻き上げ「塩害」をもたらしました。

今回の台風25号はアレルギーに注意してください。

【偏西風による】中国大陸からの黄砂

【秋花粉】ヨモギ、ブタクサ

鼻がムズムズすると思っていたら、台風の影響だったんですね。気温の寒暖差のせいかと思っていました。アレルギーをお持ちの方は、マスクでお出かけください。

まとめ

台風が来てから準備をするのはとても危険なので、5日(金)に終わらせておくことをおすすめします。そして北海道の特に胆振地方や日高地方では、強風や高波、大雨による浸水や土砂災害などに気を付けて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク