【東京オリンピック】チケットの種類は?子どもがいると安く買える?

Pocket
LINEで送る

東京2020オリンピックの観戦チケットの申し込みが始まります。観戦したい競技があっても、高額だと購入を迷ってしまいますよね。チケットの種類によってはお得に購入できるものがあるのでご紹介します。

チケット購入の申し込み開始日は?

今回のチケットは

【抽選販売】の申し込みになります。

ですので申し込み初日に焦って手続きをしなくても大丈夫。抽選販売のいいところですね。先着順ではないので申込期間中に申し込んでください。

申込期間は

2019年5月9日(木)10:00~2019年5月28(火)23:59までの20日間

この期間中に「東京2020大会公式チケット販売サイト」から申し込みます。申し込みには必ず「TOKYO2020  ID」が必要なので、まずはID登録から始めて下さい。ID登録は申し込み開始前からできます。

抽選結果の発表は2019年6月20日(木)です。

チケットの種類

3種類あります、基本的に大人も子どもも同じ料金になります。

【一般チケット】

A席からE席まで最大5種類の席種があり、購入時に選べます。

【車いすユーザーチケット】

同伴者の方も一緒に観戦できます。

【東京20220みんなで応援チケット】

最下位の席種の観戦チケットです。一般チケットで言えばE席になります。
チケット代は一律2,020円。

『12歳以下の子ども』、『60歳以上の方』、『障がいのある方(車いすの方を含む)』のいずれか1名以上を含む家族やグループ向けのチケットです。

※年齢は競技開催日時点での年齢なのでご注意ください。

子どもがいると安くなるチケットとは?

子どもがいると安くなるチケットとは、3種類ある中の【東京20220みんなで応援チケット】になります。

例えば、子ども3人+両親の計5人で「開会式」のチケットを購入したとすると

一般チケットだと、2階席のE席でも12,000円!

12,000×5人=60,000円!!

これを【東京20220みんなで応援チケット】で購入すると、チケット代は一律2,020円なので、

2020×5=10,100円

一般チケットの約6分の1。激安です!

但し、公平感を保ちつつの激安ということで、かなり見にくい席でトイレからも遠い席になるそうです。それでも、家族全員が一緒に開会式の雰囲気を味わえるとしたら、このチケットは魅力的ですね。

【みんなで応援チケット】と【一般チケット】の違いは?

東京2020のホームページを読んでもわかりにくいのでまとめてみました。

みんなで応援チケット 一般チケット
メリット ・当選したら、みんなで一緒に観戦できる(席が隣同士)。開会式に関しては、申込上限枚数は4枚。

・ID登録は代表の1人だけでOK。

・チケット代はは一律2,020円。

・席が選べる。

・2歳未満は無料(席は無し)

デメリット ・席が選べない(最下位の席種のみ)。

・2歳未満や赤ちゃんでも2,020円のチケット代がかかる。

・家族全員で行こうとすると、家族のうちの何人かがID登録をしなければいけない(一度に申込できる枚数が決まっているため)。

・家族がそれぞれのIDで当選したとしても、席がバラバラになる(但し、一度の購入で複数枚購入した場合は可能な限り隣席になる。開会式に関してはチケットの申込上限枚数は2枚)。

とにかく会場の雰囲気を味わいたい人は【一般チケット】で、家族全員で一緒に盛り上がりたいという人は【東京20220みんなで応援チケット】でしょうか?

調べれば調べるほどビミョーな違いがあって悩みます。

東京オリンピック よくある質問

東京2020オリンピック観戦チケット 公式HP

まとめ

チケットが少しでも安く買えるといいなという思いから調べ始めましたが、それぞれのチケットでメリット・デメリットがあることがわかりました。個人的には、旅行でも遊びでも「行き先」よりも「誰と行くのか」の方があとあと楽しかったなと思うので【東京20220みんなで応援チケット】もおすすめです。

ソメイティ ミライトワ ぬいぐるみ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
   
スポンサーリンク